« コルカでTAKAYO | トップページ | 小田島と森野 »

2016年4月16日 (土)

薬剤師が転職を考えるきっかけは人間関係とい

薬剤師が転職を考えるきっかけは、人間関係といった人が多くいます。



女の人が多くいる仕事ですし、ストレスが多くあることもあって、人間関係が難しいと感じる人が少なくないでしょう。その中に、パワーハラスメントやいじめが転職を検討する要因となる人もいます。つらい環境でがんばって働こうとしてしまうと、体調不良になりやすいですので、すぐに転職した方がいいでしょう。日本全国の薬剤師の年収は平均して437万円くらいです。
東京の薬剤師の求人について
しかし、国立や私立や県立等の公立病院ではたらく薬剤師は、公務員勤務であるため、年収は平均すると、593万円くらいになるためす。


公務員薬剤師は給与の上がる割合も民間より高く、福利厚生の点も充実しています。準薬剤師の場合だと、薬剤師より、平均年収が70万円くらい下がります。
薬剤士を志望するワケは何がきっかけで実際に薬剤師を目指すようになったのかを入れたら印象が良くなるはずです。転職の時のワケは今までに培ったスキルを活かしたいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。前の職場の批判や陰口は口にしないことが大事です。

薬剤師の資格を手にするには、何通りかの道があるでしょう。



薬剤師免許を手にするためには、国家試験をうける必要がありますが、すぐに受験することは認められません。
試験をうけるためには薬剤専門学校(3年間)か薬剤系短大(3年間)、または、薬剤系大学のいずれかで、薬剤に関して学ぶことが必要です。高校進学時点で進学先が衛生薬剤科だと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、薬剤師になるのに、最短の道を歩むことができるでしょう。
ですが、途中で薬剤師になりたいという気持ちがなくなっても変えることは難しいです。また、最低5年で試験をうけられますが、準備期間が足りないために試験にむけた勉強や実習が不足するために合格するのが難しいともいえます。薬剤スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが志望のワケ付けです。



どういうワケでその勤務先を要望しているのかを肯定的な雰囲気で表明するのはそう単純なものではありません。立とえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか労働条件のメリットを出すよりは、薬剤専門職としてステップアップしたいから、というような、やりがいを求めているような応募ワケのほうが通過しやすいようです。



薬剤師で、育児を優先させるために転職する人持とってもいます。特に薬剤師は仕事と子どものことの両立が困難なので、夕方までの時間帯のみはたらけたり、出勤する日の少なくて済む職場で働いたりすることが選べると良いですね。子育ての期間だけ薬剤師を休業するという人も多くいますが、育児をするにはお金がなくてはならないので、出来れば薬剤師の資格を活かすことのできる仕事を見つけた方がいいでしょう。

やはり、薬剤師の場合であっても転職が何回もあると良くない印象となるのかというと、そうとは限りません。

自己アピールを上手に行えば、意欲と経験があるといったイメージを与えられるかもしれません。とは言っても、勤務の年数がほんの少しであると、どうせすぐにやめてしまうと思われる場合もあるでしょう。薬剤師の勤務形態というものは、他の職種と比較するととっても特殊であり、その上に職場によっても異なってきます。
一般に、2交代制か3交代制のシフトで回しているというケースが多いでしょう。



2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制を取り入れている病院が多いです。しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制の方がいいと考える薬剤師も多いことでしょう。

薬剤職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、第一に待遇で何を重視したいのかをはっきりさせておきましょう。

ナイト薬剤師はできない、オフはたくさんあるのがいい、敬遠したい仕事、立とえばお亡くなりになるときなど、要求にも個性があって当然です。

薬剤職は慢性的に人が足りず仕事は幾らでもありますから、条件のそぐわない勤務先で忍耐しつづけることは無為に時間を費やすことになりかねません。

« コルカでTAKAYO | トップページ | 小田島と森野 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2092484/65008917

この記事へのトラックバック一覧です: 薬剤師が転職を考えるきっかけは人間関係とい:

« コルカでTAKAYO | トップページ | 小田島と森野 »